MENU

プロミスの在籍確認における注意点

プロミスへ申込みをすると、審査の段階で「在籍確認」が発生します。在籍確認とは何のために行うのか、またどんなニュアンスで行われるのかを説明します。

プロミス在籍確認の目的

プロミスと電話で在籍確認の打ち合わせをする女の子

プロミスに限らず、キャッシングやカードローンの審査では、申込み内容に記載した「勤務先の電話番号」へ必ず在籍確認がかかってきます

 

今後、申込みした人が借入金を返済していくための「原資となる給料」が、確実に発生しているかどうかを確認するためにも、この工程は必須となります。営業職などの様に普段から「職場に電話がかかってくることは珍しくない」という人であればさほど気にすることではないかもしれませんが、工場勤務など、職務上、外部との接触が少ない仕事内容であれば、この在籍確認電話がかかってくると「職場の人から不自然な目で見られるのではないか」という不安があるかもしれません。

 

しかし、実際にはどんな仕職種、役職であっても、役所や社会保険事務所など、いろいろな機関から個人あてに電話はかかってくるので、取り次いだ人も、さほど不自然に感じることはありません。また、キャッシングとは関係ありませんが、最近ではどこで調べたのか、個人あてに名指しで投資用マンションなどの勧誘電話がかかってくるケースも珍しくないため、在籍確認の電話に対しては、必要以上に気にしなくてもよいでしょう。

プロミス在籍確認の流れ

プロミスの在籍確認は、審査の後半に行なわれるケースが多いようです。年収や現住所、他社での借り入れ状況を個人信用情報機関へ照会するなど、基本的な内容を一点ずつ確認していき、最後に「在籍確認」をします。なぜ最後の方に行なわれるかというと、審査の前半に在籍確認をしてしまうと、もし「融資不可」となってしまえば、書類審査よりも手間のかかる「申込者の職場へ電話する」という行為が無駄になってしまうからです。

 

また、「職場へ電話までしておいて借りられないとはどういうことだ」という「不満を抱く申込者がいるから」かもしれません。一つ言えるのは、在籍確認の段階まできたら、審査に通過する可能性が高いということです。臆せずに堂々としていればよいでしょう。実際の在籍確認の流れは、あくまで個人名で「私、○○と申しますが、□□さんはいらっしゃいますか?」と聞くだけです。決して「プロミスの○○と申しますが、□□さんはいらっしゃいますか?」などとは聞きませんし、申込時に「あくまで個人名でかけます」という説明があるかと思います。

 

そして、在籍確認時に不在であれば「分りました」と、それで在籍確認は終わりです。しかし何かの間違いで、電話に出た職場の人が「□□という者はおりませんが」などと答えてしまうと、審査が長引いたり、別の方法で在籍を証明する必要がでてきます。また、無人契約機で申込みをした場合には、在籍確認時に申込者本人は無人機にいるので、本人が電話を受けることはありませんが、最近はインターネットでの申込みが増えてきており、職場で昼休みに申込みをし、在籍確認の電話を本人が受け取るケースも十分考えられます。自分で電話に出て、会話の内容を同僚に聞かれてしまうことは避けたいと言う場合や、怪しまれたくないという場合、事前に「在籍確認の電話ではな何を喋ればよいか」を確認しておくとよいかも知れません。

プロミスは、場合によっては電話以外での在籍確認方法も

実は、プロミスは電話以外での在籍確認方法でも対応してもらえる場合があります。

  • 「少人数の職場で個人あてに電話がかかってくること自体怪しまれる」
  • 「職場で電話対応をする従業員は消費者金融の在籍確認電話に詳しい」

など、事情があるかと思います。

 

この様に、「どうしても電話での在籍確認は嫌だ」という場合は、在籍確認の段階で、あらかじめ在籍確認への要望がある事を伝えておくことです。

 

在籍確認は、あくまで「その勤務先で働いていること」を証明できればよいだけなので、電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにプロミスに相談すると要望に応えてもらう事も可能です。

 

他のキャッシングでは認められていないようですが、プロミスだけは珍しいことに、電話以外の在籍確認も採用されるケースもあるようです。

 

そうでなくても、プロミスでは、在籍確認の電話をするタイミングに関して「この時間帯であれば自分が出られるので指定した時間帯にかけてほしい」という相談にも乗ってくれるので、心配な場合は、遠慮せずに相談するべきです。

 

プロミスのカードローンについて

こだわり条件で簡単検索!